借金と生命保険の見直し

お金に関するお得情報や借り入れ融資

MENU

無駄な生命保険を見直し、借金の返済などを優先する

生命保険というのは、若い頃にセールスレディの営業などで購入して、ほとんど見直しもせずに支払い続けている人が多い経費です。す。保険というのは、もともと起こる確率が低いもので、保険会社に圧倒的に有利なギャンブルとも言われています。

 

特に独身の内に必要な生命保険など、ほとんどありません。入院保険も例えば60日間入院期間中毎日1万円出します、などという商品があります。

 

これなどは60万円ほど専用口座に積み立てておけば、無駄な手数料を取られないでカバーできます。今どきガンでも手術が上手く行けばかなり短期間で退院できます。

 

60日以上も入院するのは整形外科系の入院などが多いですが、何か特殊なスポーツをしているとか交通事故にでも合わなければまず大丈夫なはずです。交通事故なら別の保険金が出るので問題ないはずです。

 

もちろん白血病など可能性はありますが、やはり別口座への積立てでカバーしておいたほうがお得です。これをしておけば別に入院しなければまるまるキャッシュが残るのでいざという時の資金としても使えます。

 

死亡保険などは結婚していれば、ある程度の金額は必要かもしれません。でも基本的には共済関係の掛け捨てのもので十分です。保険の営業マンは不安を煽るようなことを言いますが、実際は残された家族には、遺族年金が出たり子供が未成年のうちは各種手当てが支給されるので、高額の保険などは必要ありません。

 

がん保険なども、ガンが見つかれば一時金で100万円が支給されるなどという商品になっていますが、これも積立をしておけば問題ないです。

 

入院保険もプラスされている商品もありますが、これもすでに書いたとおり手術をすれば、そんなに長く入院することもないのです。意味があまりないものと考えましょう。

 

特に男性の場合は、若い内にガンになるリスクはかなり低いです。女性なら子宮癌や乳癌など、20代〜30代でもなりやすいものがありますが、男性の場合はなる確率はほとんどありません。

 

それなのに若いうちから、がん保険に加入している人が多いのには驚かされます。これも若いうちから加入すれば、月々の支払額が生涯割安です、などという営業トークにごまかされているだけです。

 

若い人が考えなければならないのは、即日融資可能なキャッシングなどの借り入れをしている場合、そちらの返済を優先したほうがいいです。

 

そしてすべての世代で見ても、車のローン、住宅ローンなど借金を返済することを優先したほうがいいです。生命保険などは本当に必要なものだけ掛け捨てで加入するくらいで十分だということを忘れないようにしましょう。